ベトナム不動産投資のパイオニアが語るベトナム不動産セミナー

セミナーのお申込み

香港

香港での初セミナー」

2018年5月18日(金)
18:30~20:30

2018年5月19日(土)
13:30~15:30

【会場】 
 TKP和僑会会議室 尖沙咀 Room A, 3F, Hankow Centre
【住所】
 5-15 Hankow Road, Tsim Sha Tsui, Hong Kong 

東京

2018年4月21日(土)
2018年5月12日(土)
2018年5月26日(土)

14:00~ 
ベトナム不動産投資特別セミナー

【水曜日】4月25日
【午後】 14:00~
【夕方】 19:00~

【金曜日】4月27日、5月11日
【夕方】 19:00~

【土曜日】4月28日、5月5日、5月19日
【午後】 14:00~ 

【祝日】4月30日(月)、5月4日(金)
【午後】 14:00~

※ご希望より無料個別相談を行います。

営業時間

【日本】月~土 9:30~18:30 
 (日曜日、日本の祝日を除く)

【ベトナム】平日 8:30~17:30 
 土曜日 8:30~12:30 
(日曜日、ベトナムの祝日を除く)

※日本とベトナムは2時間の時差があります。
(ベトナムが8:30の時、日本は10:30)

交通 

[香港]
香港鉄路 尖沙咀駅 徒歩4分

[東京]
地下鉄 東西線・日比谷線 茅場町駅 3番出口 より徒歩6分 【地図】
東京都中央区新川1-6-1 アステール茅場町 8階

[ベトナム]
VINCOM CENTER OFFICE TOWER 14階 L14-08B オフィスセントラル会議室
ベトナム・ホーチミン市1区レタントン通り72 【地図】

 料金  無料 
定員

[日本]
 10名

セミナー内容 

◆ 13%の値上がり、8%の賃貸利回り、節税効果・資産防衛まで

◆ 現地法律、税制について

◆ ベトナム不動産マーケット現況

◆ 他国とベトナム不動産の比較

◆ 弊社お客様の投資事例(売却、賃貸)

◆ ホーチミン市内各エリアの特徴紹介

◆ 投資用物件紹介

◆ 購入から引き渡しまでの流れ

◆ ローンについて

◆ 果たして現金の持ち出しできるのか?

◆ 節税対策

◆ 弊社の提供サービス案内

セミナーのお申込み

ベトナム不動産は第2ステージへ

2015年7月に外国人に不動産が解禁されて以来、早2年間が経ちました。初めての契約、初めての物件引き渡し、初めての 不動産登記申請と、初めて尽くしの2年でしたが、1つ1つの案件に丁寧に対処していくことで、回り道かもしれませんが、会社としてのノウハウが貯蓄され、お客様に支持されているという実感があります。また、この2年間でお問い合わせ、具体的な購入のご相談、視察の件数が飛躍的に伸び、皆様の関心の高さ を感じます。

ところで、なぜベトナムに注目しているのか?

1975年にベトナム戦争が終結しました。その時の戦勝国は北ベトナムでした。南部ホーチミン市は同じ民族である「北ベトナム人」に占領され、 土地建築企業など全てが北ベトナムに没収されました。富裕層は海外に逃れ「越僑」として生活を余儀なくされました。そのため「南部ベトナム人」は 持ち家が許されず、北部ベトナム人に賃料を払って生活するといったことが現在でも続いています。

このことは長くベトナム人の不満でありました。

戦後40年がたち新たに構想コンドミニアムの建築が始まると、土地を持たない南部人でも住宅購入ができるため、販売会に多くのベトナム人が 訪れるようになりました。

そして2015年7月に外国人に解禁されたため、今まで外国人扱いで住宅購入が許されなかった「越僑ベトナム人」に も所有権が認められ、海外から莫大な不動産購入資金が流れ込むこととなったのです。

そのため2016年に発売したホーチミン市中心部のコンドミニアム、戸建て住宅は飛ぶように売れました。海外に住む越僑は400万人以上と言われ、 この傾向はまだまだ続くでしょう。それに加えて外国人であるシンガポール、韓国、中国、台湾、香港、マレーシア等からの投資が続いています。

このことから将来的にもキャピタルゲインは非常に狙いやすい環境にあります。

また、ホーチミン市で働く日本人は外務省登録ベースで7500人、実数は約2万人と言われています。その数字から外国人労働者の総数を推計すると 約27万人、そのうち高級賃貸に住む高所得外国人は約5.6万人と思われます。ホーチミン市在住外国人は住宅が購入できなかったため賃貸での居住者が殆どを 占めています。これらの外国人は新築高級コンドミニアムが完成すると、旧市街の狭くて設備の古い住宅からの転居が始まります。 またそれに加えて南部ベトナム富裕層、越僑、芸能関係者など、これらの人々が賃貸ターゲットとなるため インカムゲインも 非常に狙いやすい環境にあるといえるでしょう。

つまりダブルインカム狙いが可能です。

実需である低価格不動産(500万以下)については、数百万戸以上が不足しており現在急ピッチで開発が進んでいます。ベトナムの人口は9300万人、ホーチミン市は 実に900万もの大都市にも関わらず南部ベトナム人の住宅所有率が極端に低い特殊な環境と言えるでしょう。

経済成長率9.8%!

また南部ホーチミンは経済成長率が9.8%と日本の高度成長時代と同じスピードで成長しています。 ベトナム平均でも6.5%で東南アジアでも非常に高い成長率が特徴です。資源国であり石油・天然ガスはもちろん鉱石も豊富に産出され、コーヒー、 米、コショーなどの農産物輸出も世界トップレベルです。

GDPは1990年から31倍になりました。2050年のGDP予想は380兆円とドイツに 匹敵する経済規模が予想されています。この経済成長を支えるためには、新都市計画が欠かせません。都市交通であるメトロの整備や広い道路、学校、 病院、コンベンションセンター等車社会にも対応できるエリアが必要となります。そこで政府は2区新都市計画をスタートさせました。 1区中心部から車で10分の距離にありビンタン区、4区、7区へのアクセスも優れているこの場所には250haもの広大な計画が着々と進んでいます。現在ベトナムには 12車線の高速道路がいくつも整備されています。

それでは何故ベトナム不動産(特に南部)をお勧めするのか?

1. インカムゲインが見込める(しかも日本の減価償却が適用できる)

利回り保証もある外国人が約27万人賃貸生活をしていると考えられる。

2. キャピタルゲイン税が無い

日本:キャピタルゲインに基づき、約40%
ベトナム:キャピタルゲイン税は0%(譲渡税2%のみ)

3. 非居住者の賃貸所得の税金が安い(非居住者所得税)

ベトナム 5%、マレーシア 26%、カンボジア 14%(VAT含まず)

4. 固定資産税がない

毎月の共益費、修繕積立金(基金はある)もないため表面と実質利回りの差が小さい

5. 2015年7月に外国人解禁したばかりでいまは底値

中国は2010年解禁後5年で3倍以上も

6. 2020年初のメトロ1号線開通

駅近物件は極端な値上がりが期待できる(メトロ計画は5号線まで計画あり)

7. 将来の移住先としての魅力

生活費がかなり安い

8. 不安の解消

地震台風などの災害がない(南部)、花粉・黄砂がない

9. 円安になった場合大きな為替差益を得られる

ドンは円ドル為替レートと連動

10. 世界一の親日国

フランスから解放した日本に対する感謝
ベトナム独立支援に対する感謝
ODA投資額の大きさに感謝

また、ベトナムは観光資源が豊富で、8つの世界遺産を持つ美しい国として、世界中のツーリストから注目を集めて います。現在、ホーチミン市を訪れる外国人は440万人程度ですが、新国際港空の建設やメトロ新設工事が予定されており、今後、来訪外国人の増大も 期待されています。

では

ベトナムの経済成長率や人口増加率、将来性は等書籍やインターネットでの情報収集により個人で知識を得ることができますし、物件については、 現地への視察により、ある程度分かるものです。しかし、購入の具体的手続きや、日本との商習慣の違いにより抱いてしまう不安、また、不動産価格以外にかかる 経費など、経験して初めて分かることもたくさんあります。

また、不動産所得にかかる税金とその納税方法、その先の日本への資金の移動方法など、ベトナム現地でのサポート体制なしでは手続きが進みません。

[海外投資初心者でも安心]

物件管理はお任せください!

物件管理はエスパシオコンサルタント(日本法人)が出資する現地子会社にて行います。

空室・賃貸管理や納税代行のみならず、将来の売却のお手伝いも行ってまいります。また、賃貸人募集につきましても 現地日系大手不動産会社と提携。現地へのお問い合わせも日本語での対応が可能です。 現地日本人を含む6人体制で、ベトナム人全員が日本語を話します。

私の著書にも書きましたが、海外不動産は投資ではありますが、好きな国に買うことが重要です。 不動産を購入するということはその国に何度か訪れることになります。そんな時食べ物や風土、人間が合わないことは残念なことです。 その点ベトナムは世界一の親日国です。食べ物もおいしく、気候もいいし災害に無縁でストレスがありません。 生活費も安いので長期滞在も安心です。治安も大変よく国際学校、国際病院もたくさんあります。

今回のセミナーでは、ホーチミンに現地法人を持つエスパシオグループより、お客様から多い質問を中心に、購入された方の具体的な事例等も交えて ご説明させて頂きます。

セミナーのお申込み

講演者

株式会社エスパシオコンサルタント 代表取締役

有馬 壽志

香川県生まれ。株式会社日立ビルシステムを経て、1981年リクルート入社。人材総合サービス部門の広告事業部に10年在籍し、採用・教育の企業サポートで約1000社を担当。1991年12月、企業の成長をお手伝いする経営コンサルタントとして株式会社エスパシオコンサルタントを設立。2000年より環境分野に進出し、特に流通小売業の生活環境をテーマに商業環境コンサルタントとして活躍している。担当した大型店舗数は全国2800店を超える。2011年よりベトナムに進出し、カフェレストラン経営を経て、不動産会社エスパシオベトナムを設立。著書に「ベトナム不動産投資」(2015年 アップル出版)、「営業ストレス脱出マニュアル」がある。

株式会社エスパシオコンサルタント 営業主任

NGUYEN THANH VAN(グエン・タン・ヴァン)

ベトナム中部グアン・ビン省出身。 ホーチミン市法律大学卒業後、2013年9月よりベトナムの法律事務所勤務。 その後、2014年2月より、弊社ベトナム法人「エスパシオベトナム」勤務。 主に法律担当として活躍。2016年1月21日より、株式会社エスパシオコンサルタント東京本社に転属。 日本語能力試験N2級取得者。

株式会社エスパシオコンサルタント 営業者

姜 献(カン・ホン)

韓国出身。亞洲(アジュ)大学経営学部卒業。日本語は高校時代から独学で勉強。(日本語能力試験最上級のN1取得)ベトナムは2011年から往来。好きな国であるベトナムと日本の架け橋になりたいと思い、2017年1月より、株式会社エスパシオコンサルタント入社、海外事業部に配属。営業および韓国情報収集担当。日本語、英語、韓国語の3ヶ国語に対応可能。

グエン・ゴク・イエン・タン

株式会社エスパシオコンサルタント 営業者

NGUYEN NGOC YEN THANH (グエン・ゴク・イエン・タン)

ベトナムホーチミン市出身。SAI GON大学卒業後、2013年10月より日本に留学。 その後、2017年4月より、株式会社エスパシオコンサルタント東京本社海外事業部に勤務。 日本語能力試験N2取得者。

セミナーのお申込み

インフォメーション

ベトナム週間天気予報

Currently
Currently
Currently
Currently
Currently
Currently
Currently

通貨換算レート

日本円 ベトナムドン 1JPY 206.5VND
米ドル ベトナムドン 1USD 23,150VND
米ドル ― 日本円 1USD 111JPY

2019年4月更新

採用情報 お問い合わせ

サイトマップ

ESPACIO VIETNAM お問い合わせフォーム