土地、タウンハウスの値段10 – 30%上がる

不動産市場調査レポートによると、土地、タウンハウスの値段は上がっているトレンドにあり現時点では最も魅了的な投資チャンネルになります。

インフラ整備は不動産価格に大きく影響される。

不動産コンサルティング会社CBREによると、現時点ではホーチミン市の9区及びハノイ市のハドン区の不動産価格は前年同期に比べて10%の上昇が認められた。特に、いくつかの地区には、土地付き戸建て住宅の値段は前年比20-30%上昇したという。

CBREは、インフラ整備の改善で、市内への接続及びアクセスの強化に従って価格も上昇し続けていると発表した。例えば、高速道路Long Thanh – Dau Dayの最後の4キロが完成し、運用が始まった為、9区の土地の値段が継続的に増加している。特に同高速道路に並列している道路経路の建設が進むにつれて、価格上昇する流れは止めようがない。

ハノイでは、インフラ整備が整っているCau Giay区、Nam Tu Liem 区等の土地付き戸建て住宅の価格は新たな値段を記録した。最近発売されたVinhomes Gardenia, Mon City, Imperia Garden等の大型プロジェクトの別荘の平米単価は約6000 – 6500USD。特に、Thanh XuanやDong Da等の中心部に建設される希少なプロジェクトであれば、高級別荘の発売価格は約1.5億から2億USDである。

中心部の土地価格は既に高いため、住宅用及び賃貸用の目的で購入される。逆に投資家は郊外に建設される将来的に完成予定の発売価格の安いプロジェクトに投資することに注目している。

土地代の重荷

インフラ整備改善に加えて、土地代の負担も土地付き戸建て住宅価格の上昇傾向に大きく影響されるの1つの原因になります。土地法によると、5年毎に土地の値段を一度調整すると定めたが、2016年の最新規則により、いくつかの地区の土地価格は上昇しました。したがって、税務署との登録完了不済みのプロジェクトは新たな規則に沿って運用しなければならないので、発売価格も上がるが仕方がないことだ。

中心部の土地価格は既に高いため、住宅用及び賃貸用の目的で購入される。逆に投資家は郊外に建設される将来的に完成予定の発売価格の安いプロジェクトに投資することに注目している。

コンドミニアムの場合、発売価格が高くならないようにデベロッパーが高層コンドミニアムの構築を目指しますが、中層コンドミニアムの場合、土地代は発売価格に割り当てしなければならないため、不動産価格が高くなります。あるデベロッパーが、「土地代は不動産開発社にとって本当に重荷である」と言いました。

しかし、既に税務署に登録したプロジェクトは旧土地法の規則に沿って発売されるため、発売価格は優位性を持つことになります。例えば、ハノイ市のHa Dong区に建設しているPhu Luong新都市のデベロッパーが旧土地法に基づいて既に土地代を支払ったので、発売価格は約1000から1500USD/ m2の安価になります。同プロジェクトは希少な安価の発売価格であるが、同地区にある他のプロジェクトの発売価格は約1700から3500USD/m2,特に6000から7000USD/m2で発売されるプロジェクトもある。

不動産専門家は、「平米単価の上昇傾向に従って、安価な土地に投資するのが最も魅了的な投資チャンネルと予測されるため、ホーチミンやハノイの土地付き住宅が発売されるとすぐ売り切れることは明らかだ」と伝えた。

Trandslated by Espacio

Published at Wed, 19th 10, 2016 by Espacio VietNam.