ベトナム人の超富裕層向けに日系不動産企業はベトナムに進出

経済発展及び安定的な収入でベトナムの超富裕層の住宅需要が高まっている傾向が分かった日系の建設会社鹿島はこのほど約1億USDの資金をベトナム会社と連結し、今後の10年に最高級の大型プロジェクトに投資を行う予定であると発表した。

同じように、三菱も最近中流階級及び超富裕層向けに中級や高級プロジェクトに投資しているという。少し前に、同社が約1.9億USDのプロジェクトの投資情報が発表された。同プロジェクトは3階建ての長屋で約7億円から8億円の程度で集中し発売する予定である。

ホーチミン市では、日系のMeadaはベトナム法人のThien Ducと2区で約30億USDの資金でWateria Suitesというプロジェクトに投資を行う協力協定を締結したという。

2016年第一四半期には、ある日系会社はホーチミン市の1区中心部にあるA&Bオフィスタワーの70%の株を購入したが、これは47 Million USD相当である。

小売業では、高島屋が中流階級及び超富裕層向けに消費財を加えて、日本、アメリカ、ヨーロッパの高級ブランドの製品を販売するため、約15.000㎡のショッピングセンターを開店しました。

不動産分野では、韓国、シンガポール、 インドネシア、マレーシアの投資家と比較すると、日本の投資家の方が慎重に完成したプロジェクトを回収する形式で投資を進めている。

日本の投資スタイル

世界の不動産投資経験を持っているクリードグループの正和社長は‘ベトナム不動産市場、特にサイゴン河沿いと地下鉄メトロ沿いに開発されるプロジェクが魅了的な投資先であると述べた。

三菱の代表は経済発展の安定さや中流階級の所得増加で住宅重要が高まっている上、加えて2015年7月の改正住宅法により外国人も不動産を購入できるようになったことが、不動産市場の発展に付与していると述べた。

Wealth-X と UBSの報告によると、ベトナムの超富裕層の増加率は世界の2位で14.7%を上がったと発表された。Wealth-Xの超富裕層標準を満したベトナム人は現在195人で、総資産価値は約20億USD。前年には170人で、総資産価値は19億USDだった。

超富裕層は大都市のホーチミンとハノイに集中だけでなく、ベトナムの各省にも多くいる。

投資家の代表Nguyen Duc Thanhは、昔から日本人はプロジェクトのデザインから建設までいつも緻密で、厳格な管理で投資を行っているため、最も厳しいなお客様でも満足させることができます。また、日本製が大好きなベトナム人の心理は昔から相変わらずということで日系会社によって、建設されるプロジェクトを購入する国民が多い。

Trandslated by Espacio

Published at Tue, 18th 10, 2016 by Espacio VietNam.