都市部のデベロッパーは若い世代に注目している

10月13日に実施された不動産市場の会議によると、高い割合での都市部への人の流れと、急速な都市化により若い購入者がホーチミンシティーの不動産市場において、将来性がある層として形成されているとの見解を示した。

ホーチミン不動産協会議長、Le Hoang Chau氏によると、「若い人たちは高い収入を稼ぎ、それは年々増えていくだろう」と述べた。「都市部の人口のおおよそ58%は、19歳から46歳の若い人たちであり、都市部に移住して来た人々が、少なくとも300万人いる」。「更に多くの人々が流入しているが、彼らの多くがまだ自宅を持っていない」。

エコノミストのDinh The Hien氏によると、「ホーチミンシティーは、他の地域に比べより高い収入を得られるため、多くの熟練労働者を惹きつけている」とのことだ。

「結婚する人たちの数が増え、移住者の数が上昇し、そして都市化が大いに需要を押し上げているのである」。

「また、多くの人たちが彼らの両親から独立して住むために家を買い、それ以外の人たちは勉強若しくは仕事でホーチミンに来ているが、彼らは皆、住む家が必要である」。

「そういう訳で、ここには大きな需要があるということだ」。

「若い人たちは主として3つの目的で不動産を購入しているが、それは住まい、貯金代わりとして、そして投資である」。

デベロッパーやアナリストは、「若い人たちはしばしば、価格が48000ドル位の、1区から10キロから15キロ圏内のアパートを購入しているが、つまり、それは人に貸すことや将来的に売却が容易であるということだ」と伝えている。

「最も重要なことは、その場所に便利な交通の為の施設があり、かつ優良な開発業者から購入する事である」

このセグメントに投資を行う目的で、多くのデベロッパーが手ごろな価格で若い人たちのために住宅を建設中である。

数か月前に、フーミーフンデベロップメントコーポレーションは、フーミーフンシティーセンターの外側にベトナムにおける同社の20年以上の歴史の中で初めて、ある1つのプロジェクトを立ち上げた。

サイゴンサウスレジデンスと呼ばれるそのプロジェクトは、フーミーフンの建物と同じ仕様で、かつフーミーフンのスタンダードな管理を受けることが出来る場所に住むことを希望する若い顧客がターゲットであり、2区に隣接するニャベ区で建築中である。

ヒムラムランドもまた、今年からビジネス戦略の方向転換を行い、この若い人たちをターゲットにした区分に焦点を当てるつもりだと発表した。

同社は今年、市場に2000戸のアパートメントを供給する予定である。

同社の副社長であるNgo Quang Phuc氏によると、「全てのアパートは10から15億ドンの価格で値付けを行う予定である」との事である。

そのプロジェクトはPham Van Dong, Ha Noi Highway, Song Hanh and Vo Van Kiet Boulevardに所在している。

「我々が、この若年層の区分の供給を広げていくことを決定したのは、若い顧客は実際に住宅需要があり、見識とスキルを持ち合わせている(将来的に多くのお金を稼ぎ出すという意味で)からである」

ナムロンのような他の会社は、この若い顧客層をターゲットとした区分の需要を拾い上げるためにDream Home Palaceを含む多くのプロジェクトの供給を行ってきた。

デベロッパーによると、「価格はより安いが、プールやジム、遊技場等の施設が付帯しており、また優れた管理とセキュリティが得られる為、市場に出ているこのアパートメントのクオリティーは高い」と語った。

「現在、不動産市場での競争は激しく、顧客はその不動産市場の競争により、より良い条件のものを購入することが出来るようになる」とPhuc氏は、締めくくった。

(C) 10月18日付Vietnam Investment Review

Trandslated by Espacio

Published at Fri, 21st 10, 2016 by Espacio VietNam.